カテゴリー: 市民講座 の記事

市民講座についての最新情報です。

小林美香「農業で自己実現を」

2018年度の市民公開講座は、『女性農業者と語り合う』をテーマとして行います。現在、「農業の六次化」にみられるように総合的な活動が求められ、特に女性の感性が鍵を握っています。県内各地で活躍している女性農業者の方々から、就農の動機や経営上の悩み・課題・抱負などお話していだたき、参加者の皆様とともに展開方策を考えてみます。

第7回目は、栃木市大平町西山田にある「小林一夫ぶどう園」の小林美香さんです。小林さんの住む大平町は県内でも有数なぶどうの産地で、約60戸がぶどうを栽培しています。
小林一夫ぶどう園は225aで約25品種のぶどうを栽培しています。

続きを読む

福田結美「私は丸福農園の総合職社員」

2018年度の市民公開講座は、『女性農業者と語り合う』をテーマとして行います。現在、「農業の六次化」にみられるように総合的な活動が求められ、特に女性の感性が鍵を握っています。県内各地で活躍している女性農業者の方々から、就農の動機や経営上の悩み・課題・抱負などお話していだたき、参加者の皆様とともに展開方策を考えてみます。

第4回目は、鹿沼市上日向にある「丸福農園」の福田結美さんです。丸福農園はトマト95aを主体にした施設野菜経営です。結美さんは大学・大学院で育種学を学んだ後、野菜苗や花苗を生産・販売する農業法人に就職。そこで現在の夫である茂輝さんと出会いました。

続きを読む

古沢昌子「地域と仲間とともに歩む農業」

2018年度の市民公開講座は、『女性農業者と語り合う』をテーマとして行います。現在、「農業の六次化」にみられるように総合的な活動が求められ、特に女性の感性が鍵を握っています。県内各地で活躍している女性農業者の方々から、就農の動機や経営上の悩み・課題・抱負などお話していだたき、参加者の皆様とともに展開方策を考えてみます。

第5回目は、米どころ塩谷町にある「いなほ総合農園」代表の古沢昌子さんです。古沢さんの経営は米を主体に麦・大豆・そばなどを生産する土地利用型農業ですが、六次化がうたわれる前から加工・販売も手がけている先駆的経営を展開しています。

続きを読む

2018年度の市民公開講座は、『女性農業者と語り合う』をテーマとして行います。現在、「農業の六次化」にみられるように総合的な活動が求められ、特に女性の感性が鍵を握っています。県内各地で活躍している女性農業者の方々から、就農の動機や経営上の悩み・課題・抱負などお話していだたき、参加者の皆様とともに展開方策を考えてみます。

第4回目は、那須塩原市の星野恵美子さんです。星野さんは2つの顔をお持ちです。まず1つ目として、那須野ヶ原土地改良区連合組合の専務理事としての活躍を紹介しましょう。

続きを読む

2018年度の市民公開講座は、『女性農業者と語り合う』をテーマとして行います。現在、「農業の六次化」にみられるように総合的な活動が求められ、特に女性の感性が鍵を握っています。県内各地で活躍している女性農業者の方々から、就農の動機や経営上の悩み・課題・抱負などお話していだたき、参加者の皆様とともに展開方策を考えてみます。

第3回目は、宇都宮市上籠谷町にある山口果樹園の山口美輝さんです。R123号線の南側、県農大の南東に隣接した畑作地帯にあります。

続きを読む