2018年度市民公開講座「女性農業者と語り合う」第4回のお知らせ

2018年度の市民公開講座は、『女性農業者と語り合う』をテーマとして行います。現在、「農業の六次化」にみられるように総合的な活動が求められ、特に女性の感性が鍵を握っています。県内各地で活躍している女性農業者の方々から、就農の動機や経営上の悩み・課題・抱負などお話していだたき、参加者の皆様とともに展開方策を考えてみます。

第4回目は、那須塩原市の星野恵美子さんです。星野さんは2つの顔をお持ちです。まず1つ目として、那須野ヶ原土地改良区連合組合の専務理事としての活躍を紹介しましょう。

組合では「水」と「光」に着目して那須野ヶ原における再生可能エネルギー生産に取り組んでいます。水については、扇状地特有の標高差(480m)に注目して小水力発発電所を8基設置し、最大出力1500kwと400kwの太陽光発電所の電力を確保しています。この他、バイオマス発酵消化液事業を始め、地元企業との連携による燃料電池の実証試験や水の力を学ぶ「ウォーターパーク/出力20kw」が整備されてきました。

2つ目は農業者としての実践です。約1haの水田を新たに求め、主だった作業は大規模水田農家に委託をしながら、有機栽培で水稲・麦・大豆を生産しています。JAS認証も取得しています。近年、新品のキャビン付きのトラクタを購入し、有機農業にますます熱が入ってきています。

①原子力や化石燃料に依存しない農村地域づくり、②地域の循環システムを無視しては生き残れない、③農山漁村の真の振興こそ究極の生き残り作戦、を信念として将来を見つめています。

 

日程 2018年7月12日(木)※7月は第2週となります。
時間 (軽食)午後6:00~ (講座)午後6:30~8:30
会場 NPO法人民間稲作研究所 有機農業技術支援センター (上三川町下神主233)
(センター内30台駐車可。電車はJR石橋駅東口からタクシーで約5分)
申込み 問い合わせフォームから氏名・連絡先を添えてお申し込みください。
会費 1,000円(軽食代を含む)
定員 30名(先着順)
お願い ご連絡なく当日参加の方が増えています。事前のお申込みにご協力下さい。
食事の準備の都合上、7月11日の午前中までにお申込みください。

 
 

年間予定(変更の際は通知やホームページでお知らせします)

第1回 4月19日(木) 西山 未真さん[宇都宮大学]
第2回 5月17日(木) 前田 智恵子さん[大田原市]
第3回 6月21日(木) 山口 美樹さん[宇都宮市]
第4回 7月12日(木) 星野 恵美子さん[那須塩原市]
第5回 8月23日(木) 古沢 昌子さん[塩谷町]
第6回 9月20日(木) 福田 結実さん[鹿沼市]
第7回 10月18日(木) 小林 美香行さん[栃木市]
第8回 12月20日(木) 西岡 智子さん[大田原市]
第9回 1月17日(木) 布施 知子さん[宇都宮市]
第10回 3月14日(木) 関塚 知子さん[佐野市]