最新情報タイトル

2016年度の最終回を迎えました。前回までの講師は宇都宮大学の先生方にお願いしましたが、今回は実務者の方をお迎えしました。講師は(株)ファーマーズ・フォレストの松本譲代表取締役社長です。

ろまんちっく村

松本社長は、農場・直売所、レストラン、温泉宿泊施設等を持ち、46haのファームパークを併設した「道の駅うつのみやろまんちっく村」の運営や、スカイツリーでのアンテナショップ等の特産品販売流通を手がけるアグレッシブな経営実務家です。

中小企業診断士6次化産業プランナーでもあり、全国各地に赴き地域プロデューサーとして地域活性化の支援をされております。また、新聞やラジオ・テレビなどのマスメディアへの出演も多く、農業の応援を積極手に行っています。

現在、地方に目が向けられ、地方が主役になれる千載一遇のチャンスであり、農業においてもビジネスモデルの転換期を迎えていますが、未だに従来のマスプロダクト型の枠から抜け出していないのが現状の姿といえます。

今回は、自らの実践活動で培った実績にもとづき、「農業と食のエンターティメント」を提案していただきます。多くの方々の参加をお待ちしております。

 

日程 2017年4月20日(木)
時間 (軽食)午後6:00~ (講座)午後6:30~8:30
会場 NPO法人民間稲作研究所 有機農業技術支援センター (上三川町下神主233)
(センター内30台駐車可。電車はJR石橋駅東口からタクシーで約5分)
申込み 問い合わせフォームから氏名・連絡先を添えてお申し込みください。
会費 1,000円(夕食代を含む)
定員 30名(先着順)

第9回目は「鳥獣害」のことを勉強します。近年、鳥獣害が全国各地に見受けられるようになり、農業生産に影響を与えていることが報道されています。里山の重要性が叫ばれている中、ヤマに住む動物たちといかに共生するかは、大きな課題です。講師は、宇都宮大学雑草と里山の科学教育研究センターの小寺祐二先生です。

続きを読む

2017年4月7日 パンフレットを最新版に更新しました。

世界の大勢に背を向ける食品安全政策でネオニコチノイド系農薬の残留基準がまた緩和されました。ダメ―ジを受けるのはミツバチだけではなく、血液脳関門の未発達な子供たちです。知的発達に悪影響が出ると言われ、心配です。加えてTPP批准で農家は経営破たんに追い込まれ、自給率は39%を下回り、安心して食べられる食品はほとんど手に入らない時代になってしまいます。子供たちの健康を守るために、無農薬・有機栽培で手作り自給運動を始めました。ご家族づれでご参加ください。

詳細は、こちらの2017年手作り自給運動のご案内パンフ4月版をごらんください。

今年度の特集であった『外国農業を知る』は、前回を持ちまして終了いたしました。今回からは、今日的ないし一般教養的な話題を取り上げていきます。

第7回目の今回は、「地元の歴史を知る―明治の村人の仕事と暮らし」と題して、主に喜連川町(現さくら市)に伝わる文書を使い、明治になって村人に新しい生活スタイルが入り込んだこと、一方で伝統的な生業(なりわい)と暮らしも健在だったことをお話ししていただきます。講師は、宇都宮大学農業経済学科の大栗行昭教授です。

続きを読む

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031