最新情報タイトル

第4回は予定どおり東南アジアの農業問題を勉強します。講師は前回に引き続き、宇都宮大学農業経済学科の安藤益夫教授です。

Child and ox ploughing, Laos (1)

開発途上国の中でも、特に経済的・社会的に開発の遅れた国を、国連は後発途上国と位置づけ、重点的な支援に取り組んでいます。その多くは、アフリカのサブサハラ地域に集中しておりますが、我々にとって身近な東南アジア地域にも、依然として後発途上国が存在します。インドシナ半島に位置するカンボジア、ミャンマー、ラオスです。これらはASEAN加盟国にもかかわらず、タイやマレーシアやベトナムとの経済格差が大きく、その解消に向けた経済開発が緊急の課題となっています。

第4回市民講座では、ラオスを素材として途上国開発の現状と課題についてお話します。1980年代以降、中国・タイ・ベトナムなどの周辺諸国が急速に商業的農業生産を展開させたのとは対照的に、ラオスは2000年頃まで自給的な農業生産が支配的でした。ここでは自給的農業の実態と近年急速に始動した商業的農業展開への苦悩をお話します。

 

日程 2016年8月18日(木)
時間 (軽食)午後6:00~ (講座)午後6:30~8:00
会場 NPO法人民間稲作研究所 有機農業技術支援センター (上三川町下神主233)
(センター内30台駐車可。電車はJR石橋駅東口からタクシーで約5分)
申込み 問い合わせフォームから氏名・連絡先を添えてお申し込みください。
会費 1,000円(夕食代を含む)
定員 30名(先着順)

今後のスケジュールについては、2016年度 有機農業市民講座のご案内のページをご参照ください。

2016年8月1日追記 第5回の日程が変更になりました。

本年度の市民講座は、各分野について専門の講師をお招きしてお話をお聞きします。
宇都宮大学の先生などから、本格的なお話を伺い、有機農業について様々に議論をする貴重な機会になるかと思いますので、振るってご参加ください。

参加費は1,000円で、黒米ご飯やうどん、お汁、お漬物など、毎回軽食つきです。
食事の準備や会場の都合上、事前申し込みの方を優先させていただきますので、お問い合わせのページからお申し込みください。
会場は民間稲作研究所 有機農業技術支援センター、時間は夕方6:00~です。

第1回、第2回は、宇都宮大学教授の齋藤潔先生にお越し頂き、アメリカの農業についてお話して頂きます。
参加希望の方は、問い合わせページからお申し込みください。

期日 内容 講師
1 5月19日(木) アメリカ農業を知るⅠ 齋藤潔(宇都宮大学教授)
2 6月16日(木) アメリカ農業を知るⅡ
3 7月21日(木) 東南アジア農業を知るⅠ 安藤益夫(宇都宮大学教授)
4 8月18日(木) 東南アジア農業を知るⅡ
5 9月15日(木)
9月14日(水)
中国農業を知るⅠ (ヤン)美芳(メイファン)(宇都宮大学講師)
6 10月20日(木) 中国農業を知るⅡ
7 12月15日(木) 古文書に学ぶ日本農業の歩み 大栗行昭(宇都宮大学教授)
8 1月19日(木) 雑草・農薬研究の昨今 小笠原勝(宇都宮大学教授)
9 3月16日(木) 森と動物たち 小寺祐二(宇都宮大学講師)
10 4月20日(木) 農業六次化がもたらすもの 松本譲(宇都宮ろまんちっくむら社長)

期日、内容は変更になる場合があります。

続きを読む

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031