最新情報タイトル

第10回推進フェアー案内(PDF)

前略 常日頃、私どもの活動につきまして、ご指導・ご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。

さて、第10回目を迎えました有機農業推進フェアにつきまして、本年度も下記のように開催いたしますので、ご案内申し上げます。 有機農産物の即売や青空オーガニックの食堂などは例年通りですが、午後開催の特別講演・シンポジウムは特別企画としました。

米・麦・大豆などの主要農作物は私たちの主食であり、いのちの源です。その種子は国や地方自治体が守るべき大切な農業遺産です。その役目を果たしてきた主要農産物種子法が廃止されてしまいました。種子の開発と保存そして安定的な供給は日本の農業生産の根幹を成すものです。その種子法を突然廃止し、それに代わる法律も制定しないという決定は、日本の法制史になかった珍事です。廃止され財政的裏付けを失った種子供給の制度は瓦解し、巨大な資本力を持つ「モンサント社」や「バイエル社」など海外の多国籍企業に独占される危険性が出てきました。「種子を制する者が世界を制する」という言葉の通りに我が国農業が多国籍企業に支配される前兆であると言っても過言ではありません。

この歴史的な危機にいち早く警告を発し、「日本の種子を守る会」を立ち上げました元農水大臣で弁護士の山田正彦氏をお迎えし、日本農業を守り、安全・安心の農産物を確保するための方策を、皆さん方と一緒に考えてみたいと思います。ぜひご来場をお待ちいたします。

1.期日 平成29年11月19日(日)9時30分~16時30分

2.会場 上三川いきいきプラザ[上三川町上蒲生127-1 TEL:0285-57-0211

3.プログラム

9:00 開会あいさつ・出展者紹介
9:30~14:00 オーガニックマルシェオープン
有機農産物・加工食品の展示即売
11:00~14:00 青空オーガニック食堂
14:40~15:30 記念講演 山田正彦(元農水大臣・弁護士)
15:40~16:30 シンポジウム
― 種子法廃止の意味と議員立法「主要農作物の生産振興に関する法律案」について -

第9回目は「鳥獣害」のことを勉強します。近年、鳥獣害が全国各地に見受けられるようになり、農業生産に影響を与えていることが報道されています。里山の重要性が叫ばれている中、ヤマに住む動物たちといかに共生するかは、大きな課題です。講師は、宇都宮大学雑草と里山の科学教育研究センターの小寺祐二先生です。

続きを読む

2017年4月7日 パンフレットを最新版に更新しました。

世界の大勢に背を向ける食品安全政策でネオニコチノイド系農薬の残留基準がまた緩和されました。ダメ―ジを受けるのはミツバチだけではなく、血液脳関門の未発達な子供たちです。知的発達に悪影響が出ると言われ、心配です。加えてTPP批准で農家は経営破たんに追い込まれ、自給率は39%を下回り、安心して食べられる食品はほとんど手に入らない時代になってしまいます。子供たちの健康を守るために、無農薬・有機栽培で手作り自給運動を始めました。ご家族づれでご参加ください。

詳細は、こちらの2017年手作り自給運動のご案内パンフ4月版をごらんください。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031